残土のリサイクルにも|アルソックの勧め|AEDを置いておく意義
作業員

アルソックの勧め|AEDを置いておく意義

残土のリサイクルにも

工事

土を再生できる

残土ふるい機とは、工事や建物の建築などで発生した土や泥をふるう機械のことです。工事や建物の建築で発生した土は残土と呼ばれ、産業廃棄物として処分されます。残土は膨大な量になり、処分するための費用も場所も莫大なものになります。残土には、様々なサイズの石や土の塊、がれき類などが混じっているために、そのままでは再利用できないのです。残土ふるい機を使えば、残土を再生利用することができるようになります。残土ふるい機は、企業のコスト削減にもなりますし、産業廃棄物を減らすこともできるのでリサイクルにもなります。初期投資は必要ですが、長い目で見るとお得になることが多いです。ただ、薬物などに汚染されている可能性がある場合は再生利用できないこともあるので注意しましょう。

ふるいの目の粗さに工夫を

残土ふるい機を選ぶときは、目の粗さに工夫して選ぶとよいでしょう。再生利用するときの目的に応じて、様々な目の粗さが用意されています。細かいものはより質の高い再生土となり、建築時の基礎土などとして利用されることが多いです。しかし、その分コストは少し高めです。目の粗い残土ふるいでふるったものは、様々なサイズの土や石が混合していることになるので、再生土としての品質は低めとなります。しかし、コストや時間は比較的少なめですみます。残土の処理は環境問題として近年注目されており、残土を減らすことにたいしては補助金などが支給されることも予想されます。企業の環境対策の一巻として、導入を考慮していく方がよいでしょう。